出会い系サイトでは個人情報を自分で守ろう

出会い系サイトを使う際には、安全に使う事が出来るように自分で対策をしないといけません。
出会い系サイトを含めた、インターネットのコミュニケーションと言うのは様々な安全対策を自分で行わなくてはいけないんですね。
今回は、そんな安全な出会い系サイトの使い方を紹介します。
■安全な出会い系サイトの使い方
インターネットを使う上での常識や良識、安全のための自己防衛などの手段や知識のことを含めネットリテラシーというのですが、出会い系サイトのような異性を求める場所などを利用する時はより正確なり寺井s−が必要になるのです。
インターネットにおけるリテラシーを、非常に厳しくしなければ安全に出会い系サイトなどで異性との出会いを求める事はできません。
まず、インターネットのリテラシーで最も重要なことは個人情報の使い方ですね。
個人情報に対する認識と、安全にそれらを守るためにはどんなことに気をつけて利用すればいいのでしょうか。
■個人情報を守って利用しよう
個人情報、つまり自分の本名や電話番号、住所、できればメールアドレスも出来るだけ人には教えないようにしましょう。
出会い系サイトにしろSNSにしろ、連絡を取り合うにもサイト内ツールを使えば自分のメールアドレスを知らせる必要はありませんし特に電話番号や本名や住所は一度バレてしまうと変えるのにも一苦労ですからね。
なので、しっかりと異性と出会ってからその後関係を続けるということが決まるまでは極力自分の個人情報は相手に簡単には空かさないように気をつけて利用するのが望ましいですね。
■個人情報の保護
SNSや出会い系サイト、というのは全部を運営が管理しているわけではありません。
なので、みだりに自分から個人情報を明かしてしまうとそれが悪用されてしまう危険性があるんですね。
顔の見えない相手、というのは相手が悪質な利用者かどうかもわかりませんので、それがわかるまでは個人情報は自分で守るようにしましょう。

関連記事