自分の情報を伝えない出会い系サイトの使い方

出会い系サイトを利用する際には、様々なやり方をする事で安全に利用する事が出来るんですね。
一番大事なのは、自分の事を閲覧する人に情報として与えない事が大事なんです。
そうすることによって、自分の安全を守る事が出来るんですね。
■自分の情報を教えずに出会い系サイトを利用する
自分の個人情報を出来るだけ相手に与えずに出会い系を利用するためには、フリーアドレス、SNS、そして加工画像という物が必要になってくるんですね。
出会い系サイトは、多くの人が閲覧する上に中には悪質な利用者や悪徳業者が個人情報を収集するために利用しているというケースもあるんです。
だから、そう言う人に万が一にでも個人情報を盗み取られないようにするためにはそれらのツールを用いることによって自分の身を安全に守りながら安心して出会い系サイトを利用する事が出来るんですね。
具体的に、どういうふうに使えばいいかということを解説していきましょう。
■安全に利用出来るツールの使い方
まずフリーアドレスは出会い系サイトに登録する際のアドレスとして使いましょう。
フリーアドレスは、出会い系専用の物にしておけばいざという時にアドレスを使い捨てる事ですぐに縁を切れます。
また、連絡先交換の際もフリーアドレスで交換するといいでしょう。
SNSは、連絡先交換の際にIDを教えあうということで使えるのですが此方はアドレスを捨てる事はできませんが相手をブロックする事が出来るので使いやすいです。
加工画像は、自分の顔の一部を隠した画像のことですね。
プロフィール画像に使う際には、出来るだけ自分の顔を全部出さないようにすることが安全です。
■安全なツールの手に入れ方
これらのツールは、SNSは無料でダウンロードする事が出来るので特に説明の必要はありませんね。
フリーアドレスは、フリーアドレスで検索すれば沢山出てくるのでそこで登録しましょう。
画像の加工はスマホの写真機能などでいじれるのでおすすめです。

出会えるプロフィールを作るには?

「出会い系サイトに登録してみたけれど、いまいち使い方がわからない」という人は結構多いものです。プロフィールもきちんと設定しているのになかなか目当ての人と出会うことができないということもあるでしょう。そんなときにオススメの「出会えるプロフィールの書き方」をご紹介します。
■プロフィールはネット上の顔
どんなSNSを使うにしても、まずはプロフィールの設定をしなければ、良い人に出会うことはできません。そのため、はやる気持ちはわかりますが、先にプロフィールを考えていきましょう。自分も、出会い系サイトでいい人を探そうとしたら、まずはその人のプロフィールを見ると思いますが、そこに書かれている内容でどんな人が判断してしまいますよね。それと同じことが、あなたのプロフィールを見た人も思っているのです。では、今現在考えているプロフィールや、使っているものが「いい人だ」と思わせるような内容になっているでしょうか?
まず確認していきたいのは、「サギっぽくない」ということです。ネット上は相手の顔が見えないのがメリットですので、それを利用して他人に成りすましたりする人もいます。特に男性が女性だと騙ってほかの男性をだますという「ネカマ」という行為もあります。他にもサクラぽい内容だったら一目見ただけでNGになってしまうこともあるでしょう。
具体的には、「形式ばった文章(言葉の最後が全部同じなど)」や、「当たり障りのないことしか書いていない」、「明らかに盛っている内容」であることが取り上げられます。相手に良く見せたいという気持ちはわかりますが、ウソをつくことは一番してはいけません。フリーターなのに「一流企業の社員」と書いたりする人は今でも多いようです。一晩限りの相手を探すのであれば嘘も方便でしょうが、結婚相手を探すのであれば、本当のことを書くようにしましょう。
■本当と嘘をうまく使いこなす
とはいえ、全て本当のことばかりを書いてしまえば、ネット上にその情報が出回ることとなり、個人情報が流出してしまう恐れもあります。そのため、適度にぼかした言い方をしながら、プロフィールを作っていくと、相手に警戒されない出会い系サイトのプロフィールが完成するでしょう。

参考サイト:スマホで利用出来る出会いアプリをご紹介!『であこい.com』で出会いを見つけよう!